マカロン製造の様子

​生地作りから出荷まで 

​1 生地絞り PATE

厳選したアーモンドパウダーにメレンゲを混ぜて、外はサクッ、中はシットリするように生地を作る。1個1個丁寧に生地を手で絞ります。

2 焼成 CUISSON

絞った生地は130~150℃のオーブンで15~17分焼きます。生地の状態やその日の天候、後で絞るジャムの種類に合わせて、焼き加減を調節。場合よっては絞った生地を15分ぐらい乾燥させます。

3 組み立て(ジャム&クリーム絞り)
GARNITURE ET MONTAGE

自家製ジャムやクリームをマカロンにたっぷり絞ります。大きさや形が揃うように注意しながら組み立て。

4 名入れ・ロゴ入れ      
 SERIGRAPHIER

お客様の希望するロゴや名前をマカロンの表面に入れます。
専用のフードプリンターで綺麗なオリジナルロゴのスイーツ完成!

​5 梱包・出荷 EMBALLAGE

壊れやすいデリケートなマカロンを専用のケースに1個1個入れて保護。商品ラベルを張って、段ボールなどの包材で出荷準備すればいよいよマカロンを発送。

 
自家製ジャムの製造
オレンジの場合
​1 オレンジ ORANGE

​味が濃く新鮮で大玉のオレンジを選び、丁寧に水洗い。

​2 カット  DECOUPAGE

オレンジを中の果肉、外の皮、苦味のある白い部分(捨てる)、の3つに綺麗に切り分ける。

​3 オレンジの果肉
CHAIR des ORANGES

​オレンジの中の果肉はジューシー&酸味をもたらす。

​4 オレンジの皮 
ZESTES des ORANGES

オレンジ表面の皮はフルーティな香りエッセンスを生む。たっぷりの冷水に皮をつけて沸騰させて水切り。この作業を合計4回行い皮に含まれる苦味やアクを取り除き柔らかい食感にする。

​5 オレンジペースト 
PATES d’ ORANGES

​オレンジの果肉とゆがいた皮を合わせてフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。

​6 オレンジと砂糖  
ORANGES ET SUCRE

​オレンジペーストを砂糖と共に加熱。ペクチン(天然のゲル化剤)も加えます。砂糖の量は最小限に抑え、フルーツの旨味を引き出すのが大切!

​7 煮詰め始める
DEBUT de CUISSON

​大きな深鍋で45分以上かけて弱火で煮詰める。少しづつフルーツの味・旨味が凝縮されていく。途中絶えずホイッパーで鍋底を良く混ぜて焦げないように注意。根気のいる作業、やけど注意!

​8 煮詰め終わり
FIN de CUISSON

​しっかり煮詰め余分な水分が飛び、フルーツの味がギュッと詰まった状態。

​9 保存容器に移す
CONSERVATION

​熱いうちに隠し味を加えます。冷え固まる前に鍋から保存容器に移し替える。

​10 完成  FINITION

​粗熱を取り冷蔵庫で1晩冷やすとジャムがしっかり冷え固まり、マカロンのセンターに絞って使用可能